治療方針

予防を中心とした治療方針
 ~生涯自分の歯で食事を楽しむために~

定期的な歯のメンテナンスを行いましょう。
少なくとも半年に1度は、 PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・ クリーニング)を行い、 歯の表面の歯石、着色、バイオフィルムを取り除きます。
『虫歯になったら、歯医者へ行き治療する。』という 従来の考え方から,
『虫歯や歯周病にならないように、定期的に歯医者に行き、メンテナンスを行う。』
このような生涯を見据えた予防歯科を目標にしています。

方針イメージ

こんな経験をされた方はいないでしょうか?
虫歯の治療したところが、しみるように・・。 今度は金属の詰めものを入れて治療。 数年後に、いつの間にか神経まで虫歯が進行していて、根の治療を行い、かぶせものをした。その後、歯ぐきが腫れてきて、根が折れていた。こうなると抜歯するしかない状態です。
こうして歯の一生が終わります。
その後の治療は、隣りの歯を削って、ブリッジのかぶせものをして、隣りの歯も同じように寿命が減っていきます。
どんなにすばらしい完璧な虫歯、歯周病の治療を行っても、 その後のお手入れで、予後は大きく異なります。このような歯の治療の繰り返しをしないように、定期的なメンテナンスが必要であり重要なのです。しかし、どうしても仕事が忙しい、今は時間がないという方のために、クイッククリーニングも行っています。
NPO法人日本臨床歯周病学会でもメンテナンスの大切さを伝えています。